悲しみは繰り返したくない、弔事ののし紙

悲しみは繰り返したくない、弔事ののし紙のし紙
のし紙には様々な種類があることをご存知ですか?贈り物にどういったのし紙を使えばいいか分からないと悩むことは多いはず。しきたりや決まりごともあるので難しく感じてしまいます。
でも実は、送る相手のことを思い浮かべられれば簡単にのし紙を選ぶことができますよ。

高品質な無料素材もたくさん!

Adobe Stockサイトへ

Adobe Stockにも素材をアップしています

私、sereaiが描いたイラストをAdobe Stock(アドビストック)にアップしています。こちらもぜひご利用ください。

「Adobe Stock」はAdobe社が運営する、高品質なロイヤリティーフリー素材サイトです。
ロイヤリティフィリーとは、作品を一度購入すれば、使用期限や使用地域に制限がなく利用でき、ひとつの素材を複数の媒体で使用することが可能になる使いやすい素材です。

悲しみは繰り返したくない、弔事ののし紙

高品質な無料素材もたくさん!

Adobe Stockサイトへ

Adobe Stockの便利な使い方

印刷物やブログ運営など、無料素材ではなくクオリティの高い素材を利用したいときにAdobe Stockは便利です。

PIXTAやShutterStockなど、有料素材サイトは数多くありますが、Adobe Stockがダントツに優位性があります。

  • Adobeが素材の補償をしてくれる
  • Adobe製品との相性が抜群
  • 無料で使える素材のクオリティがかなり高い

Adobeが素材の補償をしてくれる

Adobe Stockで購入した素材に対して、万が一苦情を受けた場合はAdobeが苦情を対応してくれます。
無料素材を利用していると、出どころが不明であったりトラブルが発生すると、ご自身で対応しなくてはなりません。(当サイトは私が作ったイラストなので出どころ不明はありませんが!)
Adobe Stockなら、安心して素材を利用することができます。

Adobe製品との相性が抜群

制作物を作成するときは、スタッフさんやチームで運用することが多いのではないでしょうか。
PhotoshopやIllustratorなど、Adobe製品を使用されているなら、AdobeStockとの相性が抜群に良いです。
素材を一度ダウンロードしてアセットに登録しておくと、ダウンロードした素材にアクセスできるようになりますから、作業効率が格段に上がります。

無料で使える素材のクオリティがかなり高い

Adobe Stockは以下のような料金体型になっています。

素材点数10点/月25 点/月40 点/月750 点/月
年間プラン(月々支払)3,828  /月9,328  /月13,068  /月32,978  /月

おすすめは、料金が一番安い3,828円のプランを利用することです。
クオリティの高い優良素材を月に10点ダウンロードできますし、10点以上利用したい場合でもAdobe Stockの無料素材を利用することでダウンロード制限がなくなります。

例えば、Adobe Stockの有料会員なら、日本人の無料素材は以下のようなハイクオリティな写真を使用点数関係なく利用することができるのでめっちゃお得です。

クオリティの高い写真がたくさんあります!

写真素材だけでなく、イラストも無料で高品質のものがたくさんあります。
写真やイラストを高品質なものに変えるだけで、制作物のクオリティがぐっと上がりますし、制作時間がかなり短縮されますのでAdobe Stockはおすすめです。

高品質な無料素材もたくさん!

Adobe Stockサイトへ

このページのイラストのダウンロードリンク

このページのイラストは、以下のダウンロードボタンより無料でご使用いただけます!

なぜ無料でダウンロードできるの?

お試しでpdfを無料で公開しています。お気軽にご利用ください♪ お気に召されましたら、Adobe Stockのご購入もご検討いただければ幸いですm(_ _)m

結びきりはなかなか解けない結び方。悲しみは繰り返したくないので結びきりが良い

黒と白の紐(水引)の形や色によって、適したのし紙が変わってきます。
例えばこの水引は結びきりという結び方です。この形は片方の水引を引っ張っても解けない結び方で
繰り返すことができないため、お葬式など繰り返したくないシーンの贈り物ののし紙に最適です。その為、繰り返し結ぶ事ができる蝶結びの水引は適していません。もし葬儀の際に紅白蝶結びののし紙をつけていたら、とんでもなくバカか恨みがあるか…相手をかなり不快にさせます。

水引の形とは?

水引には用途によって使い分けが必要です。基本的な形を2つご紹介します。
悲しみは繰り返したくない「結びきり」。
蝶結び(何度も)と結びきり(一度きり)の両方を併せ持つ結び方の「あわじ結び(あわび結び)」。
弔事の際ののし紙はこの2つを覚えれば様々なシーンで使えます。

蝶結び結びきりあわじ結び(あわび結び)
なし水引 結びきり のしなし 弔事水引 あわじ結び のしなし 弔事
悲しみごとは繰り返したく無いため、簡単に解けて再度結ぶことができる蝶結びは、弔事ののし紙に適していません。香典、通夜御見舞、葬儀の際のお寺や僧侶へのお礼、葬儀の際のお手伝いをしてくれた方へのお礼、法事、香典返し、など。何度でもお祝いしたい場合と一度きりが良い場合のどちらでも使える万能な結び方です。迷ったらあわじ結びを使えば無難です。関西地方でよく使われます。

水引の色はどういったものを選べばいいの?

お祝いごと慶事のときは「紅白」「金赤」「金銀」などの色を使い、
逆に、悲しみ弔事のときは「白黒」「黄白」「銀」「黒」の色を使います。
紅白の場合、向かって右側に赤色、左側が白色、白黒の場合、右が黒、左が白となり
濃い色があらゆる場合において、右側になるように結びます。

のし紙の右上のマーク(のし(熨斗))は必要なの?

熨斗のし紙の中央より少し右上にあるマークを熨斗といいます。
昔は生ぐさもの(肉や魚など)を供えることが多く、穢のない印として紅白の紙を折り贈り物を包みました。
その名残からのし紙に熨斗がついています。
色々調べてみましたが、
生ぐさもの(肉・魚)に熨斗をつけると重複となってしまうので熨斗は必要無く、お菓子やタオルなどの贈り物では熨斗をつけます。
精製されていない生ものには熨斗はいらないです。
また、「のし」は引き伸ばすという意味があり、お悔み事の弔事では引き伸ばしたくないため熨斗はつけません。

しきたりやマナー、ルール、名前、意味などは地域や宗教などによって違う場合があります。予めご了承ください。

コメント