もう迷わない!?のし紙の選び方

ギフト・贈答マナー

のし紙には様々な種類があることをご存知ですか?贈り物にどういったのし紙を使えばいいか分からないと悩むことは多いはず。しきたりや決まりごともあるので難しく感じてしまいます。
でも実は、送る相手のことを思い浮かべられれば簡単にのし紙を選ぶ事ができますよ。

水引の形とは?

水引には用途によって使い分けが必要です。基本的な形を3つご紹介します。

慶事ののし紙

繰り返しお祝いしたい「蝶結び」。結婚やお見舞いは1度きりがいい「結びきり」。
何度でもお祝いしたい場合と一度きりが良い場合のどちらでも使える万能な「あわじ結び(あわび結び)」。
その他に、結婚式に使える華やかで縁起の良い「輪結び」などたくさんの結び方があります。
まずは「蝶結び」「結びきり」「あわじ結び(あわび結び)」を覚えておくと様々なシーンで使えます。

蝶結び 結びきり あわじ結び(あわび結び)
何度も繰り返しお祝いしたいときののし紙 結婚、お見舞いなど一度きりのお祝いに最適なのし紙 お祝いのシーンで迷った時に使える万能なのし紙
出産、お宮参り、七五三、成人式、長寿のお祝い(還暦など)、お年賀、お中元、お歳暮、結婚記念日、謝礼、昇進・栄転、定年退職、開店祝い、新築祝い、など。 結婚式、お見舞い、お見舞いのお返し、など。 何度でもお祝いしたい場合と一度きりが良い場合のどちらでも使える万能な結び方です。迷ったらあわじ結びを使えば無難です。関西地方でよく使われます。

弔事ののし紙

悲しみは繰り返したく無いので、弔事の際の蝶結びは適していません。
お葬式など繰り返したくないシーンの贈り物は結びきりが適しています。

蝶結び 結びきり あわじ結び(あわび結び)
なし 水引 結びきり のしなし 弔事 水引 あわじ結び のしなし 弔事
悲しみごとは繰り返したく無いため、簡単に解けて再度結ぶことができる蝶結びは、弔事ののし紙に適していません。 香典、通夜御見舞、葬儀の際のお寺や僧侶へのお礼、葬儀の際のお手伝いをしてくれた方へのお礼、法事、香典返し、など。 迷ったらあわじ結びを使えば無難です。関西地方でよく使われます。

水引の色はどういったものを選べばいいの?

お祝いごと慶事のときは「紅白」「金赤」「金銀」などの色を使い、
逆に、悲しみ弔事のときは「白黒」「黄白」「銀」「黒」の色を使います。
紅白の場合、向かって右側に赤色、左側が白色、白黒の場合、右が黒、左が白となり
濃い色があらゆる場合において、右側になるように結びます。

のし紙の右上のマーク(のし(熨斗))は必要なの?

熨斗のし紙の中央より少し右上にあるひし形のようなマークを熨斗といいます。
昔は生ぐさもの(肉や魚など)を供えることが多く、穢のない印として紅白の紙を折り贈り物を包みました。
その名残からのし紙に熨斗がついています。
色々調べてみましたが、
生ぐさもの(肉・魚)に熨斗をつけると重複となってしまうので熨斗は必要無く、お菓子やタオルなどの贈り物では熨斗をつけます。
精製されていない生ものには熨斗はいらないです。
「のし」は引き伸ばすという意味があり、悲しみの弔事では引き伸ばしたくないため熨斗はつけません。

こんなときはどののし紙がいいの?

母の日、父の日などののし紙は?

母の日、父の日などは、日頃の感謝を毎年伝えたいものですので、もしのし紙をつけるなら紅白蝶結びで、あまり堅苦しくならずカジュアルなのし紙で良いと思います。

お世話になった知人が転勤されることがわかりました。贈り物ののし紙は?

転勤の場合、お礼として紅白蝶結びが一般的です。

引っ越しのご挨拶のための贈り物にかけるのし紙は?

旧家、新家ともに紅白蝶結びののし紙で問題ありません。
のし紙をつけることで堅苦しく感じるならば、カジュアルなのしを選んでみてはいかがでしょう。
新居のご挨拶の際はのし紙に名前を入れると覚えられやすくなり良いですよ。

しきたりやマナー、ルール、名前、意味などは地域や宗教などによって違う場合があります。予めご了承ください。

Relation

Comments

このイラストの感想やメッセージは下記コメント欄にご記入下さい。応援メッセージをいただけると励みになります! 住所などの個人を特定するような情報の記入はお控え下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この記事の発行者:

sereai